レンタカー業者

トラックレント便で引越し、荷物の運搬をするなら! 特徴から料金まで

トラックレント便とは

トラックレント便は、運転手付きでトラックをレンタルできるサービス。

荷物の運搬だけでなく、梱包や設置、廃棄物の引取りなど、運送に関係した作業を、トータルに依頼することができます。

トラックレント便の対応地域

トラックレント便の対応地域

トラックレント便の対応地域は、

  • 東京都全域
  • 埼玉県全域
  • 千葉県(千葉市、松戸市、柏市、流山市、浦安市、市川市、船橋市)
  • 神奈川県(川崎市、横浜市)

の1都3県にまたがっています。

レンタルできるトラックは2tトラックから15tトラックまで

トラックレント便で取り扱っているトラックは、以下の5サイズ、10種類になります。

2t 平車、箱車、ウイング車
3t ユニック車(クレーン搭載車)
4t 平車、箱車、ウイング車、ユニック車(クレーン搭載車)、ゲート車(昇降機付き)
7t ユニック車(クレーン搭載車)
15t 平車、箱車、ウイング車

平車は、荷物を積み込むスペースが荷台になっているトラック、箱車はコンテナになっているトラックです。

ウイング車もコンテナですが、側面が大きく開き、そこから積み降ろしができます。

トラックレント便の特徴

トラックレント便には、他にはない特徴がいくつかあります。

ここでは、トラックレント便の特徴について見ていきましょう!

トラックレント便の特徴

トラックレント便の料金は、時間制

料金は、運送距離ではなく時間制になっています。

契約時間内であれば、途中で立ち寄って荷物を回収したり、往復して荷物を運ぶ、という依頼も可能です。

ただし、送り先までの距離が80kmを超えた場合は、料金が距離計算になります。

トラックレント便には、豊富なオプションサービスも!

梱包資材の販売、ゴミや不用品の処理、電気工事など、いろいろなオプションサービスが用意されています。

トラックレント便は24時間運行可能なんです

お客さんのリクエストに合わせて、いつでも運送してくれます。24時間、365日いつでも稼働しています。

トラックレント便の料金とプラン

ここでは、トラックレント便の料金についてご紹介いたします。

トラックレント便の料金体系

トラックレント便の料金体系はとてもシンプル。

トラックレント便の料金
  • 基本料金
  • ドライバーの作業料金
  • オプション料金

この3つの料金の合計が、利用料金となっています。

ガソリン代、保険料などは加算されません。

① トラックレント便の基本料金

基本料金は、レンタルするトラックのサイズと、レンタル時間で金額が決まります。

基本料金の一部を、例として紹介します。契約時間は最短1時間から最長5時間まで。30分刻みで指定することができます。

1時間 3時間 5時間
小型トラック 12,000円 19,500円 24,500円
中型トラック 15,000円 25,500円 32,500円
大型トラック 27,000円 39,500円 47,500円
4tユニック車 24,000円 34,500円 41,500円

② ドライバーの作業料金

トラックレント便には、以下の2つのプランがあります。

  • トラックレント便「小・中・大型車」
  • トラックレント便「+作業員」

簡単に言えば、作業員付きのプランは、作業員なしのプランに比べて3,000円高い代わりに、梱包、積み込みなどの作業を手伝ってもらえます。

トラックレント便「小・中・大型車」……お手伝いなしの低料金プラン

運転手は、荷物の積み込みと、トラックの運転を行い、そのほかの作業は、レンタルしたユーザーが行う、というプランです。

荷物の運搬だけをオーダーするシンプルなプランなので、料金が安く済むのがメリットです。

トラックレント便「+作業員」……運搬とお手伝い付きプラン

荷物の梱包、運搬、荷下ろしがセットになったプランです。

こちらのプランは、通常のトラックのほか、クレーンを搭載したユニック車もレンタルできるため、重い家具などの吊り下げも可能です。

料金は、上記のトラックレント便プランに、3,000円を加算した金額になります。

どちらのプランも、オプションサービスで、不用品の処分などの作業をセットにすることができます。

オプションサービスの内容については、次の「トラックレント便で引越しする」のトピックで紹介します。

③ 引越しの際に便利なオプションサービス料金

引越しの際におすすめのオプションサービスと、料金の目安です。

梱包資材販売 ダンボール、ひも、エアキャップなど。
1,450円~
前日の積込み 荷物を、出発の前日に積み込むこともできます。事前の予約が必要です。
作業員の追加 最大10名まで増員することができます。
ゴミ・不用品、廃棄物の処理 普通ゴミのほか、家具などの大型ゴミ、家電などの廃棄も依頼できます。
500円~
荷物の一時保管 2,520円 / 1日

このほか、梱包や養生作業、家具や家電の解体、据付、電気工事などのサービスも依頼できます。

くわしくは、トラックレント便まで問い合わせてください。

トラックレント便とレンタカーの違いは?

トラックレント便とレンタカーの大きな違いは、料金システムです。

どちらも、レンタルした時間に応じて、レンタル料金が加算される、時間制ですが、レンタカーはレンタル料のほかに、保険料や燃料代、車両の修繕代金などを考えなくてはいけません。

トラックレント便は、トラックを扱うのは業者の方なので、ガソリンの消費も車体の傷も、すべてトラックレント便側の負担になります。

追加料金を考慮しなくてもいいのは、便利ですね。

レンタカーとの違いはココ
  • 運転免許がなくてもレンタルできる
  • 保険料、燃料代など、追加料金が要らない
  • 難しいトラックの運転をプロに任せることができる

トラックレント便で引越しする

ここまで見てきたように、トラックレント便は、運転手付きでトラックをレンタルでき、オプションサービスも追加することができます。

引越し業者のパックと、かなり近い感覚で利用することができますね。

引越しでは、どのトラックを選べばいいの?

トラックレント便では、前述のように2t~15tまでのトラックを取り扱っています。

引越しでレンタルする場合、いちばん多く使われるのは、2tトラックと、4tトラックですので、それぞれの荷室サイズと、積み込める荷物の目安を紹介しましょう。

サイズ 荷室サイズと荷物の目安
2t箱車・ウイング車 4.3m×1.7m×2.1m
小型のダイニングテーブル・イス
小型のテレビ
布団
ベッド
冷蔵庫
小型の収納棚
ダンボール30個
(3畳間に収まる程度の量)
2t平ボディ 4.3m×1.8m
(荷物量は2t箱車と同じ)
4t箱車・ウィング車 6.2m×2.2m×2.3m
4人用のダイニングテーブル
大型家電一式
応接セット
ソファ
食器棚
収納棚3~4個
タンス1~2個
ベッドと布団3~4組
段ボール60~65個
(8畳間に収まる程度の量)
4t平ボディ 6.2m×2.2m
(荷物量は4t箱車と同じ)

オフィスの引越しや、一戸建ての引越しだと、7tトラックや15tトラックなど、4t以上の大型トラックを使用することもあります。

引越し料金の例

トラックレント便のホームページに紹介されている料金例です。

距離・所要時間 車両・オプション 料金合計
10km・2時間 2t箱車・不要家具引き取り 22,000円
30km・4.5時間 10tウイング車・なし 56,000円

引越し業者とトラックレント便の違い

  • 料金が時間制
  • 荷物の見積もりはユーザーが行う
  • シンプルなプラン

料金が時間制

トラックレント便の料金体系は、前述のように時間制。利用時間によって料金が加算されるシステムですが、引越し業者は運送距離によって料金が決まる、距離制がほとんどです。

荷物の見積もりはユーザーが行う

見積もりについては、トラックレント便では、引越し業者のような、訪問見積もりは行っていません。

荷物の量その他については、ユーザーが電話やネットで申請し、トラックを選ぶことになります。

シンプルなプラン

引越し業者の引越しプランは、はじめから、いくつかのオプションが組み込まれていることが多いです。

一方、トラックレント便では、ユーザーにはいちばんシンプルな運送プランを提供するのが、基本ルールとなっており、ここも引越し業者との違いです。

「最小限度のトラック + 運転手1名」という最安料金のプランを、まずユーザーに提案して、そのプランをベースに、必要に応じてオプションを組み合わせて行きます。

料金を安くおさえることができるメリットもありますが、どんなオプションが必要か、ユーザー側にビジョンがないと、プランを作りづらいこともあるかもしれませんね。

トラックレント便の引越し以外の利用方法

トラックレント便のホームページでは、運んだ荷物や距離、オプションなど、契約の事例が掲載されています。

そちらを参照すると、引越し以外では、音楽祭で使う楽器、イベントの機材、家具などの商品の運送に利用されているようです。

ライブで使う楽器、バーベキューのセット、ゴルフバッグ、スキー板など、かさばって運ぶのが大変な荷物は、意外と多いですよね。

トラックレント便のトラックでまとめて運ぶと、身軽で便利ですね。

トラックレント便を利用する

ここでは、トラックレント便を利用する際の手順についてご紹介します!

利用の手順

  1. お問い合わせ、予約申し込み
  2. 予約確認
  3. 支払い

お問い合わせ、予約申し込み

電話、FAX、インターネットを利用することができます。

FAXは、専用のお問い合わせ依頼書(PDFファイル)をダウンロードして使用してください。

インターネットは、お問い合わせフォームから必要事項を記入して、送信します。

4日以内に利用したい場合は、電話で問い合わせてください。

予約確認

予約の内容については、「ご注文確認書(受注書)」で確認し、誤りがあった場合は、連絡します。

利用日の前日に、予約確認の電話が、トラックレント便から入ります。

支払い

利用料金は、荷下ろしを行って、すべての作業が完了したときに支払います。

支払いは現金のみで、カードなどは利用できません。

キャンセルや予約の変更

予約の変更やキャンセルを希望する場合は、電話で直接、連絡をしてください。

トラックレント便のキャンセル

キャンセルについては、キャンセル料が発生することがあります。

連絡日 キャンセル料
2日前まで 無料
前日 見積書に記載した運賃の10%
当日 見積書に記載した運賃の20%

荷物の補償について

トラックレント便では、運送業者貨物賠償保険(一事故あたり1,000万円限度)に加入しており、荷物の破損などが起きた場合は、損害を補償しています。

ただし、荷物の時価額が、1点あたり50万円を超える荷物は、補償額は50万円が上限になります。

また、修理が可能な損害の場合は、修理費または時価のどちらか低い方を限度として補償します。

Q.運搬の際、トラックレント便のトラックに同乗することはできますか?

トラックレント便は、あくまで荷物運搬の認可を得て、営業しています。
バス・タクシーのように、人を運ぶ許可は得ていないため、トラックに同乗することはできません。

サービス比較……赤帽・レントラ便・トラックレント便

運転手付きでトラックをレンタルすることができるサービスとしては、トラックレント便のほかには、「赤帽」や「レントラ便」があります。

これら3つについて、レンタルできるトラックの種類やオプションなど、サービスを比較してみました。

トラックレント便 赤帽 レントラ便
運搬車両 2t~15t 軽トラ、バン 軽トラ~4t
作業員 10名まで 2名まで 2名まで
料金 時間制 時間制
距離制
時間制
オプション 資材販売
梱包作業
作業員増員
不用品処分
据付・解体・電気工事など
資材販売
作業員増員
(ただし、資材の購入は推奨していません)
資材販売
梱包作業
作業員増員
不用品処分
据付・解体・電気工事など
損害補償 あり あり あり
対応エリア 東京都全域
埼玉県全域
千葉県・神奈川県の一部
全国 関東
東海
関西
宮城
岩手

 

赤帽は、軽トラックなど小型車による運送サービスがメインで、オプションサービスはなし。

引越しの場合は、荷物がごく限られた方でないと、不便に感じるかもしれません。

トラックレント便とレントラ便は、サービス内容はほぼ、同じ。ただ、対応エリアの範囲が、それぞれ違っています。

トラックレント便の公式サイトはこちら

トラックレント便の運営会社情報

トラックレント便を運営しているのは、手塚運輸株式会社。

本社は埼玉県川口市にあり、そのほかにも、埼玉県越谷市、東京都大田区、栃木市に営業所を置いています。

手塚運輸株式会社の歴史は非常に古く、大正3年に、馬による運送業としてスタートしました。

その後、手塚運送店の設立を経て、昭和28年に自動車貨物の許可を取得し、現在の手塚運輸株式会社の原型が完成しました。

手塚運輸株式会社のホームページでは、昭和20年代から現在までを、写真で振り返ることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です